【東京ガス】トリプル割、提携プロバイダの光インターネット回線を割引

東京ガストリプル割

先日、電力小売自由化後の電気料金プラン「ずっともプラン」を発表した東京ガス。電気とガスのセット割引が注目を集めましたが、目玉はこれだけではありません。電気とガス、更には提携プロバイダの光回線をセットで契約すると、光回線の料金が割引となる「トリプル割」も用意しています。電気、ガス、インターネットと生活に密接したサービスをひとまとめにして、お得メリットを十二分に受けたいご家庭は東京ガスのトリプル割にも注目です。

東京ガストリプル割とは?

東京ガストリプル割のイメージ図

上記の通り、東京ガスのトリプル割は、電気、ガス、提携プロバイダの光回線をセットで契約することにより割引となる制度です。電気、ガス、光回線の使用場所が同じであることなどが条件です。ここでの光回線は、プロバイダサービスとフレッツ光回線サービスが一緒になった光コラボと呼ばれるものです。光コラボ自体は、フレッツ光に比べ料金が安くなる点、プロバイダ契約と回線契約を一本化できる点、プロバイダによってはスマホやSIMカードとのセット割引がある点などがメリットとして挙げられます。

参考:光コラボのメリットとデメリットについて

東京ガストリプル割の提携プロバイダ

東京ガストリプル割の提携プロバイダ

東京ガスの提携プロバイダは、ASAHIネットBBエキサイトBIGLOBEDTIOCNぷららSo-netの7社、主要プロバイダをしっかり押さえているといった印象です。トリプル割によって安くなる光回線の料金は月々100円〜300円ほどでプロバイダによって変わります。詳しくは、以下の表を確認して下さい(税別表記)。

プロバイダ別の割引金額(ファミリータイプ)

サービス名称 割引適用前の金額 割引適用後の金額 割引額
AsahiNet光 5,180円 4,880円 ▲300円
エキサイト光 4,360円 4,250円 ▲110円
ビッグローブ光 5,180円 4,880円 ▲300円
DTI光 4,800円 4,550円 ▲250円
OCN光 5,100円 4,800円 ▲300円
ぷらら光 4,800円 4,700円 ▲100円
So-net光 5,200円 5,000円 ▲200円

プロバイダ別の割引金額(マンションタイプ)

サービス名称 割引適用前の金額 割引適用後の金額 割引額
AsahiNet光 4,080円 3,780円 ▲300円
エキサイト光 3,360円 3,250円 ▲110円
ビッグローブ光 4,080円 3,880円 ▲200円
DTI光 3,600円 3,500円 ▲100円
OCN光 3,600円 3,500円 ▲100円
ぷらら光 3,600円 3,500円 ▲100円
So-net光 4,100円 3,900円 ▲200円

プロバイダの選び方

トリプル割のプロバイダは、現在利用中のプロバイダを第一の候補とし、料金の安さやキャンペーンの充実度を考慮し選ぶといいでしょう。なお、現在利用中のプロバイダ以外に乗り換える場合、契約時期によっては解約違約金が発生する可能性がありますので、その点は十分注意して下さい。月々100円〜300円の割引金額だと、解約違約金の方が高くついてしまいます。

東京ガストリプル割の申し込み方法

トリプル割を適用するには、まず東京ガスのガス・電気セット割の申し込みを行う必要があります。申し込みは、東京ガスグループの店舗、電話(電話番号:0570-002239/月〜土:9時〜19時/日祝日:9時〜17時)、そしてホームページで受け付け中です。申し込み完了後、専用フォームからトリプル割の申し込みを行うと(電気需給契約申込書でインターネットサービスのご案内を希望するにチェックした方は、この手続きが不要)、東京ガスからトリプル割についての詳しい案内が届きます。また、その後、提携プロバイダから光コラボについての案内が届きます。指示に従い所定の手続きを進めて下さい。なお、既に各社の光コラボを利用中の方は、2016年4月以降に提携プロバイダ各社がトリプル割の受け付けを行う予定です。

東京ガストリプル割の注意事項

  1. OCN光とぷらら光は、既に利用中の方はトリプル割の対象外
  2. ビッグローブ光とSo-net光は、法人契約の場合はトリプル割の対象外
  3. 通信回線の状況によっては、トリプル割が適用できない場合も有り
  4. 現在のインターネット契約内容やキャンペーン適用状況によっては、料金が高くなる可能性も有り

参照元

博士のイラスト

「いいね!」して電力会社のお得情報を確認

スポンサーリンク

お役に立ちましたか!?

お友達にも共有

お役に立ちましたでしょうか?もし役立つと思ったら家族や友達にも教えてあげましょう!!現在お使いの電力会社の料金プランを変更、また新しい電力会社の料金プランに変更することにより電気代が安くなったり、ポイントが貯まったりとお得になる可能性があります。電力小売自由化は、電気代の見直しを図るチャンスです。