電力新時代の幕開け、電気代の見直しチャンス到来

要チェック!新電力会社への乗り換えで得する人、損する人

成功と失敗の文字が書かれた道路看板

2016年4月1日からスタートする電力小売の全面的自由化、通称「電力自由化」。電力自由化後、私達利用者はそれぞれがお住まいの地域を管轄する電力会社以外からも電気を買えるようになります。これを機に2017年のガス自由化を見据えたガス会社、インターネットやスマートフォンを軸に利用者との接点を増やそうとする通信会社、自ら発電を行う石油会社や商社など、新電力会社と呼ばれる様々な企業が電気の販売に参入します。

電力自由化の概要
新電力会社の一覧

電力自由化後も電気の配送電業務については既存の電力会社が担当し、そちらにかかる金額(託送料金、新電力会社から既存の電力会社に支払われる)は規制料金となっているため、新電力会社の値下げ幅は限定的となっているのも事実です。ただ、選び方次第では、年間換算で数千円〜数万円、電気料金が安くなることもあります。こちらでは、新電力会社への乗り換えでお得になるケースについてまとめて紹介していきます。

電気使用量が多い

電気メーター

現在、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、九州電力エリアであれば従量電灯Bと従量電灯C、関西電力、中国電力、四国電力エリアであれば従量電灯Aと従量電灯B、沖縄電力エリアであれば従量電灯といった一般的な料金プランで契約していて、口座振替による割引などを適用していなく、なおかつ電気使用量が多いご家庭であれば、新電力会社への乗り換えでお得になる可能性が高いです。だいたいの目安ですが、前記の条件を満たし月々の電気料金が10,000円を超えるような場合は検討してみる価値ありです。

補足:電力自由化後、一部の既存電力会社は電気使用量が多い家庭向けの新しい料金プランを設定しています。新電力会社の料金プランだけではなく、既存電力会社の新料金プランの確認もお忘れなく(東京電力の例中部電力の例)。

セット割引を適用できる

お揃いのスマホ

セット割引が適用できる場合は、更にお得になる可能性があります。セット割引とはガス、ガソリン、インターネット、スマートフォン、ケーブルテレビなど新電力会社が提供している既存サービスとセットで利用することにより、電気料金もしくは各種サービスの料金が割引となる特典の事です。魅力度をアップし他社との差別化を図るため、新電力会社各社がセット割引の提供に積極的です。乗り換え先の新電力会社を決める上で、セット割引は重要な要素となってきます。

セット割引の一覧

相性が良いカードで電気料金を支払い

クレジットカード

セット割引と少し被る部分もありますが、一部の新電力会社は指定のクレジットカードで電気料金を支払うことにより、通常に比べ多くポイントやマイルが貯まる特典も用意しています。ご自身が使っているクレジットカード、貯めているポイントやマイルと相性が良い新電力会社を選ぶとよりお得度が増します。ポイントやマイルを賢く貯めたい方は、特にこの部分に注目です。

クレジットカード特典の一覧

上で挙げた三つのケースに当てはまり、少しでもお得になる可能性があるご家庭は新電力会社への乗り換えを是非、検討してみて下さい。2016年の沸騰ワード、電力自由化。電力自由化は値上がり傾向にある電気料金を見直すチャンスです。なお、新電力会社への乗り換えによる節約効果を最大限発揮するためにも各社の料金プランをよく比較、理解した上で最終決定することをオススメします。

スポンサーリンク

公開日:2016年1月25日 

お友達にも共有

お役に立ちましたでしょうか?もし役立つと思ったら家族や友達にも教えてあげましょう!!現在お使いの電力会社の料金プランを変更、また新しい電力会社の料金プランに変更することにより電気代が安くなったり、ポイントが貯まったりとお得になる可能性があります。電力小売自由化は、電気代の見直しを図るチャンスです。