【東北電力】首都圏向け料金プラン「よりそうでんき」、ポイントが貯まる特典も用意

東北電力(よりそう、でんき)

出典:東北電力「よりそう、でんき」より

東北電力が電力小売自由化を機に首都圏での電力販売を開始しました。首都圏に住む家庭向けの料金プランの名称は「よりそうでんき(正式表記:よりそう、でんき)」、申し込み手続きや料金シミュレーションは、東北電力の会員サイト「よりそうeねっと」のマイページ上で行うことができます。

公式サイト:よりそうeねっと

よりそうでんきの特徴

よりそうでんきは、契約容量が3kVA(30A相当)〜6kVA(60A相当)の家庭を対象にした料金プランです。基本料金は、東京電力(電力小売自由化を機に分社化され東京電力エナジーパートナー)の従量電灯Bや従量電灯Cと同じく1kVA、または10Aに付き280.80円、電力量料金は最初の300kWhまでは1kWhに付き22.76円、300kWhを超える分は1kWhに付き30.02円といった単価です。

電気使用量が少ないご家庭の方が比較的、乗り換えメリットが生じやすいという、珍しいタイプの料金設定となっています。なお、よりそうでんきの契約者もWEB明細書への切り替え、アンケート回答、クレジットカード払い(よりそうでんきの支払い方法は、クレジットカード払いのみ)といった条件を満たせば、電子マネーや共通ポイント、東北地方の特産品と交換できるよりそうeポイントが貯まります。

よりそうでんきの料金表

区分 東北電力 東京電力
よりそうでんき 従量電灯B/従量電灯C
基本料金/1契約 280.80円/1kVA
契約容量10Aにつき1kVA
電力量料金/1kWh 最初の120kWhまで 22.76円 19.43円
120kWh超〜300kWhまで 25.91円
300Wh超〜 30.02円 29.93円

東北電力以外も首都圏に進出

電力小売自由化を機にマーケットが大きい首都圏には、東北電力を始め多くの大手電力会社がこれまでの地域の壁を超え進出しています(一例:中部電力九州電力)。首都圏にお住まいの方は、乗り換え先の候補は新電力会社だけではありません。東京電力の新しい料金プラン、大手電力会社の首都圏向け料金プラン、そして新電力会社の料金プランの中から、電気の使い方や生活スタイルに合ったものを選ぶといいでしょう。

参照元

博士のイラスト

「いいね!」して電力会社のお得情報を確認

スポンサーリンク

お役に立ちましたか!?

お友達にも共有

お役に立ちましたでしょうか?もし役立つと思ったら家族や友達にも教えてあげましょう!!現在お使いの電力会社の料金プランを変更、また新しい電力会社の料金プランに変更することにより電気代が安くなったり、ポイントが貯まったりとお得になる可能性があります。電力小売自由化は、電気代の見直しを図るチャンスです。