電気セット割引に注目、ガス・スマホ・光回線などの一本化でお得に

電卓とバラバラに散らばった積み木

電力小売自由化の目玉として注目を集めているのが電気セット割引です。電気セット割引とは、電気とガス・スマホ・光回線などのその他サービスをセットで利用することにより、電気代やそれらの支払い総額が割引されたり、何らかの優待を受けることができる特典のことです。また、料金面以外にも契約や支払いを一本化できる点も魅力です。

東京電力・関西電力・中部電力といった乗り換え競争の激化が予想されるエリアを地盤にした既存電力会社は利用者の囲い込み策として、新電力会社はそんな既存電力会社への対抗策として、様々な電気セット割引の提供が予想されています。特に新電力会社の場合は、電気セット割引の充実が電力小売市場における勝敗を分ける鍵となってきます。

電気セット割引のイメージ図

既存電力会社の電気セット割引

既存電力会社は、業種の垣根を超えた電気セット割引の提供が期待されています。中でも積極的なのが多くの新電力会社が参入予定の首都圏を現在管轄する東京電力です。ガス分野では日本瓦斯とTOKAI、スマホや光回線といった通信分野ではソフトバンクと業務提携を行っていて、共同での商品開発やプロモーション活動を進めています。また、ポイント分野ではTポイントやPontaポイントと連携して、電気代の支払いでポイントが貯まる新料金プランの設定も計画しています。どこよりも早いその行動から東京電力の電力小売自由化に対する危機感と期待感の両方を感じます。東京電力までとはいきませんが、関西電力はグループ会社を中心に、また中部電力は地域で強みを持つポイントを中心に電気セット割引の充実を図っています。

新電力会社の電気セット割引

既存電力会社の業種の垣根を超えた電気セット割引の提供に対して、新電力会社の場合は自社サービスを核とした電気セット割引の提供が期待されています。ENEOSでんきであったらガソリン、ソフトバンクでんきauでんきであったらスマホや光回線、東急でんきであったら東急グループ各種商品といった具合です。ENEOSでんきについてはTポイントやクレジットカードとの連携も決めています。また、ソフトバンクや日本瓦斯、TOKAIについて電力販売という視点で見ると既存電力会社のライバルではありますが、電気セット割引という視点で見ると既存電力会社のパートナーであるという不思議な関係です。何はともあれ約8兆円にも及ぶ一大市場に食い込むチャンスとあって、各社あの手この手と策を練ってくるものと思われます。

まとめ

電力小売自由化により電力会社間の競争が進み、利用者視点に立った多種多様な料金プラン、そしてサービスが登場します。その中心となるのが電気セット割引です。各社のメニューが本格的に出揃うのは2016年春以降ともうすぐです。発表があり次第、改めて電気代比較.comのサイト内で紹介していきたいと思います。家計の見直しに効果大の電気セット割引、その動向には大注目です。

随時更新中:電気セット割引の一覧

博士のイラスト

「いいね!」して電力会社のお得情報を確認

スポンサーリンク

お役に立ちましたか!?

お友達にも共有

お役に立ちましたでしょうか?もし役立つと思ったら家族や友達にも教えてあげましょう!!現在お使いの電力会社の料金プランを変更、また新しい電力会社の料金プランに変更することにより電気代が安くなったり、ポイントが貯まったりとお得になる可能性があります。電力小売自由化は、電気代の見直しを図るチャンスです。