電力小売自由化の申し込みはいつから始まる?乗り換えにかかる期間は?

カレンダーを指差す様子

日に日に電力小売自由化という言葉を耳にする機会が増えてきました。さて、電力小売自由化はいつから始まるのでしょうか?また、電力小売自由化が始まった後、電力会社を乗り換える場合はどのくらい期間がかかるのでしょうか?その件について解説していきます。

電力小売自由化はいつから始まる?

電力小売自由化のスケジュール

電力小売自由化が始まるのは2016年4月1日からです。それ以降、既存電力会社会社の新しい料金プランへの変更や新電力会社への乗り換えができるようになります。それに向けて2015年12月末までは準備期間となっています。この間に各種ガイドラインの整備や送電線使用料が決められます。送電線使用料とは、送配電事業者(送配電網の保有・管理・電気の安定供給を行う事業者、電力小売自由化後もここの部分は既存の電力会社が担当)に支払われる料金の事です。新電力会社は、調達した電力を既存の電力会社の送配電網を利用して各家庭に届けます。こういった背景があり送電線使用料が発生します。送電線使用料は電気代に含まれ各利用者に請求されます。この送電線使用料が決まると、各社料金プランの最終決定に取り掛かり、2016年1月から先行受付が開始されます。

電力会社の乗り換えにかかる期間は?

電力会社乗り換えにかかる期間

いざ電力小売自由化が始まり、電力会社の乗り換えを行う場合にかかる期間は、スマートメーターの設置状況によって変わってきます。スマートメーターへの取り換え工事が必要な方は乗り換えに際して約二週間ほど、スマートメーターの取り換え工事が不要な方は乗り換えに際して約一週間ほど期間がかかります。なお、電力小売自由化の直前また直後は、混雑しより時間がかかる可能性もあります。乗り換えにより積極的な方は、先行受付のタイミングで各種手続きを行うとスムーズでしょう。

博士のイラスト

「いいね!」して電力会社のお得情報を確認

スポンサーリンク

お役に立ちましたか!?

お友達にも共有

お役に立ちましたでしょうか?もし役立つと思ったら家族や友達にも教えてあげましょう!!現在お使いの電力会社の料金プランを変更、また新しい電力会社の料金プランに変更することにより電気代が安くなったり、ポイントが貯まったりとお得になる可能性があります。電力小売自由化は、電気代の見直しを図るチャンスです。