【まちエネ】ローソンと三菱商事の電気、Pontaポイントが貯まる特典を用意

まちエネ

出典:MCリテールエナジー「まちエネ」より

ローソンと三菱商事が共同出資する新電力会社、MCリテールエナジーの電気ブランド「まちエネ」。そんな、まちエネのサービス内容が明らかになりました。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県の一部といった東京電力エリアでの電気供給を行うまちエネは、Pontaポイントを賢く貯めたい方にオススメと言えます。

まちエネの料金プラン

まちエネの料金プランは、一種類だけのシンプルな内容です。東京電力の従量電灯B、従量電灯Cと比較すると(2016年2月1時点)、基本料金と電力量料金の第一段階目、第二段階目は同じ単価設定ですが、第三段階目に関しては9%割引となっています。まちエネの公式ホームページ内には、料金シミュレーションコンテンツも公開されています。ご家庭のケースだと、実際いくら程度お得になるのか試してみるといいでしょう。

補足:現在の契約種別が従量電灯Bと従量電灯C以外の方は申し込み不可

基本料金

契約容量 税込料金
A契約の場合 10A 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円
kVA契約の場合 280.80円×契約容量

電力量料金

電気使用量 税込料金
第一段階 〜120kWhまで 19.43円/1kWh
第二段階 120kWh超〜300kWhまで 24.81円/1kWh
第三段階 300kWh超〜 25.99円/1kWh

※追記:2016年11月24日
2016年10月1日から、まちエネの電力量料金が値下げされました。上の表には、改定後の料金が記載されています。

まちエネの魅力

まちエネ(Pontaポイント還元率)

料金プランは上記の通りですが、ここからがまちエネの魅力、そして本題です。まちエネは電気料金1,000円ごとに10円相当のPontaポイントが貯まる特典を用意しています(燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税は除く)。還元率で見ると1%、これを加味すると実質、東京電力の従量電灯B、従量電灯Cに比べ基本料金と電力量料金の第一段階目、第二段階目は1%割引、第三段階目は10%割引となります。更にまちエネの契約者には、ローソンで使えるクーポンが毎月メールで届く特典もあります。特典に関しては、ローソン関連サービスを中心に続々と追加される予定です。

4月30日までにかけて、まちエネへの申し込みで最大500円相当のPontaポイントがもらえるキャンペーンも行われています。日々の生活でローソンをよく使っている方、そしてPontaポイントを貯めている方は、まちエネへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?なお、電力小売自由化後、東京電力もPontaポイントが貯まる新料金プランを提供します(還元率は0.5%)。念の為、合わせてこちらも確認するといいでしょう。

参照元

博士のイラスト

「いいね!」して電力会社のお得情報を確認

スポンサーリンク

お役に立ちましたか!?

お友達にも共有

お役に立ちましたでしょうか?もし役立つと思ったら家族や友達にも教えてあげましょう!!現在お使いの電力会社の料金プランを変更、また新しい電力会社の料金プランに変更することにより電気代が安くなったり、ポイントが貯まったりとお得になる可能性があります。電力小売自由化は、電気代の見直しを図るチャンスです。