【Looopでんき】基本料金0円のプランを設定、5月末までの申し込み限定

Looopでんき

出典:Looopでんきホームページより

Looop(ループ)でんきが、電力小売自由化となる2016年4月1日から提供を開始する、家庭向け電力の料金プランを発表しました。Looopでんきの魅力は、電気料金の基本料金部分が無料な点、契約アンペア数が高く、電気使用量が多いご家庭ほど、乗り換えによる節約効果が期待できます。

注意事項:基本料金が無料となるのは、2016年5月31日までに申し込みを行ったご家庭です。ただし、申し込み状況によっては期間延長となる可能性もあります(期間延長が発表、詳しくは下記の追記部分で確認)。

一般的な電気料金の計算方法

電気料金の計算方法について

大手電力会社、新電力会社の電気料金は一般的に基本料金と電力量料金の合計金額です(基本料金は地域によっては最低料金、また電力量料金は会社によっては従量料金と記載、この他に燃料費調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算)。基本料金は契約アンペア数に応じて、また電力量料金は電気使用量に応じてかかってくるものです。Looopでんきの場合は、基本料金部分を無料としていて使った分だけ料金が発生する仕組みを採用しています。

Looopでんきとは?

Looopでんきは、自分で作れる太陽光発電システム「MY発電所キット®(2015年度のグッドデザイン賞受賞)」の販売などを手掛ける株式会社Looopの新電力サービスです。家庭向け電力の販売に先駆け、2015年7月からオフィスビルや工場といった特別高圧、高圧分野の電力販売に参入していて、そちらの供給実績は2016年4月には275件に及ぶ予定です。家庭向けの電力は東京電力エリア、中部電力エリア、そして関西電力エリアで販売、供給を行っていきます。

Looopでんきの料金プラン

Looopでんきの料金プランは、おうちプランとビジネスプランの2種類です。おうちプランは東京電力、中部電力の従量電灯B、関西電力の従量電灯Aに、ビジネスプランは東京電力、中部電力の従量電灯C、関西電力の従量電灯Bにあたるものです。おうちプランとビジネスプラン、どちらの料金プランも上記の指定期間中に申し込み手続きを行うことにより、基本料金が無料になります。料金シミュレーションも用意されていますので、ご自身のケースだとLooopでんきへの乗り換えで得するのか、損するのか、まず申し込みを行う前に確認するといいでしょう。なお、電力量料金は地域ごとに多少異なります。詳しくは以下の表を確認して下さい。

※追記:2016年6月1日
6月1日以降に申し込みを行ったご家庭も基本料金が無料となります。また、関西電力エリアの電力量料金単価(Looopでんきは従量料金と記載)は、1kWhあたり26円から、1kWhあたり25円に値下げされました。なお、値下げ前の料金で申し込みを行ったご家庭も値下げの対象となります。

おうちプランの料金表

エリア 基本料金 電力量料金(税込)
東京電力 0円 26円/kWh
中部電力
関西電力 26円 25円/kWh

ビジネスプランの料金表

エリア 基本料金 電力量料金(税込)
東京電力 0円 27円/kWh
中部電力
関西電力 26円/kWh

電力小売自由化後は、Looopでんきのように基本料金が無料の料金プラン、また東京電力のプレミアムプランmyでんきのまとめてプランのように一定の電気使用量までは定額の料金プランなど、これまでになかったタイプの料金プランが登場します。様々な選択肢の中からご家庭の電気の使い方、また使っているサービスや貯めているポイントとの相性が良いものを選ぶと失敗や後悔がないでしょう。何はともあれ基本料金が無料となる2016年5月31日までであれば(その後の基本料金の扱いについては後日記載)、大手電力会社、新電力会社の料金プランが一通り出揃うと思います。それまでじっくり判断することをオススメします。

オススメ:大手電力会社、新電力会社のセット割引の一覧

参照元

博士のイラスト

「いいね!」して電力会社のお得情報を確認

スポンサーリンク

お役に立ちましたか!?

お友達にも共有

お役に立ちましたでしょうか?もし役立つと思ったら家族や友達にも教えてあげましょう!!現在お使いの電力会社の料金プランを変更、また新しい電力会社の料金プランに変更することにより電気代が安くなったり、ポイントが貯まったりとお得になる可能性があります。電力小売自由化は、電気代の見直しを図るチャンスです。