新電力会社への乗り換えで電気代は安くなる?高くなる?

電卓とノートとペン

電力小売自由化以降、新電力会社へ乗り換えることにより電気代は安くなるのか?高くなるのか?これは多くの方が気になることだと思います。結論から言うと余程のことが無い限り、新電力会社への乗り換えで得することはあっても、損することはないと思われます。

競争により安くなる

電力小売自由化以降、既存電力会社と新電力会社間での競争、また新電力会社間での競争により電気代が安くなることが見込まれています。また、申し込み開始直後は大胆な割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンなどが行われることも予想されます。いくら安くなる、何%値引きされるといったことはまだ定かではありませんが(電気代や電気使用量など個人個人の利用条件、また選ぶ新電力会社によって変わる部分もあるので具体的にいくら安くなる、何%安くなるということを明らかにするのは難しそうですが。。。)、日経BP社は先日発売した日経トレンディ12月号「2016ヒット予測100〜新電力トリプルセット割〜」企画の中で東京電力などの既存電力会社と比べると1%前後安い料金になるのではと述べています(JX日鉱日石エネルギー「ENEOSでんき」の場合)。

セット割引により安くなる

また、既存電力会社から新電力会社に乗り換えることにより、電気代が安くなることも期待されていますが、電力小売自由化、新電力会社の一番の目玉は何と言ってもセット割引です。ガス、ガソリン、インターネット回線、スマートフォン、ケーブルテレビなどとのセット利用で電気代、もしくはそれらの合計料金が更に安くなることが予想されています。上でも挙げたJX日鉱日石エネルギー「ENEOSでんき」の場合は、電気、ガソリン、スマートフォンなどのセット利用で3%〜5%ほどの割引を計画しているとのことです。

随時更新中:セット割引の一覧

高くなる場合は既存電力会社のまま

なお、競争が不十分で新電力会社への乗り換えで結果的に電気代が高くなってしまう可能性もゼロではありません。ただ、その場合は既存電力会社を利用し続ければ問題ありませんし、既存電力会社は2020年3月まで現状の一般的な料金プランを維持することを義務付けられています(一部の料金プランに関しては金額や条件が変更となる可能性もあり)。こういうこともあり、文頭で余程のことが無い限り、新電力会社への乗り換えで得することはあっても、損することはないと書きました。新電力会社の申し込みは来年4月から、先行予約は来年1月から開始されます。その機会に合わせて乗り換えを検討してみて下さい。電気代が安くなるのか、高くなるのかの確認だけでもしてみる価値はあるでしょう。

博士のイラスト

「いいね!」して電力会社のお得情報を確認

スポンサーリンク

お役に立ちましたか!?

お友達にも共有

お役に立ちましたでしょうか?もし役立つと思ったら家族や友達にも教えてあげましょう!!現在お使いの電力会社の料金プランを変更、また新しい電力会社の料金プランに変更することにより電気代が安くなったり、ポイントが貯まったりとお得になる可能性があります。電力小売自由化は、電気代の見直しを図るチャンスです。