電力小売自由化後も現在の電力会社と料金プランは継続できる

笑顔でリビングに立つ女性と座る女性

2016年4月1日から始まる電力小売自由化。そのタイミングに合わせて全てのご家庭、商店が電力会社の乗り換え、また料金プランの変更をしなければいけないという訳ではありません。現在お使いの電力会社、そして料金プランに満足しているのであれば、電力小売自由化後も特にこれといった手続きは必要ありません。

2020年3月までは現状維持

2020年3月までは、消費者保護の観点から経過措置として今と同じ電力会社、料金プランで引き続き電気を購入できるようになっています(経済産業省、資源エネルギー庁の一部の資料では2020年4月までとの記載があり)。この制度により、電力小売自由化後に万が一、電力会社間の競争が上手く働かず、電気代が値上がりしたり、サービスの向上が見られなかった場合でも、とりあえずは現状維持となるので一安心です。

料金プランの変更も一応検討

電力会社を乗り換えるとなると面倒と感じるかもしれませんが、料金プランを変更するだけであればそこまでの手間は発生しません。電力会社各社が運営するウェブ検針票と呼ばれる利用者向けサイトに登録し、現状の電気代や電気使用量の把握、そしてご自身の使い方に合った料金プランを再確認することをオススメします。電力会社によっては最適な料金プランが簡単に分かる仕組みを用意しています。また、一部の電力会社(東京電力・関西電力・中部電力・東北電力あたり)では、電力小売自由化後にポイントが貯まる料金プランが登場します。面倒と思わず一応の所、料金プランの変更を検討してみてはいかがでしょうか?

参照元

博士のイラスト

「いいね!」して電力会社のお得情報を確認

スポンサーリンク

お役に立ちましたか!?

お友達にも共有

お役に立ちましたでしょうか?もし役立つと思ったら家族や友達にも教えてあげましょう!!現在お使いの電力会社の料金プランを変更、また新しい電力会社の料金プランに変更することにより電気代が安くなったり、ポイントが貯まったりとお得になる可能性があります。電力小売自由化は、電気代の見直しを図るチャンスです。